BlochSolverの仕様

  • 対応OS: Linux(Professionalのみ), Windows 10(EducationalとProfessional)
  • 推奨ハードウェア:

CPU: Core i7以上,GPU: NVIDIA Pascal architecture以降,Memory: 16 GB以上

  • パルスシーケンス開発環境:Python pulse sequence development kit(original)

 

<Educational version>

使用できる数値ファントムが,以下の4種類に限定されますが,それ以外の動作等は,

Professional versionと全く変わりません.いずれの数値ファントムも,プロトン密度分布,

T1分布,T2分布の3種類のファイルから構成され,一画素は1mm立方で,マトリクス

サイズは,256x256x256もしくは,256x256x128です.

 

Educational version用数値ファントム(Professional用にも付属)

1.緩和時間ファントム

国内で広く使われている,加藤メディエンス社製のファントムを模擬した

ものです.初期設定では,既定の緩和時間が設定してありますが,ユーザーで

自由に設定することができます.

 

2.スライス評価ファントム

マルチスライスや3Dイメージングのシーケンスの評価に使えるファントムです.

緩和時間も変化させていますので,緩和時間の変化に伴う画像のボケなども評価できます.

3.NISTファントム

米国の国立標準技術研究所(NIST)が提唱している標準ファントムの一つです.

ただし,周囲に水を満たす必要があり,それについては決まりがないので,

本ファントムでは,200msもしくは2000msとしています.QIVAなどでも

広く使われています.

4.Digital Brain Phantom

カナダのMcGill大学で公開しているデータに基づいて作成した脳の三次元

数値ファントムです.

 

<Educational Professional共通>

提供されるパルスシーケンス:

標準型グラジエントエコー(GRASS, FISP相当)

RF spoiled gradient echo(SPGR,FLASH相当)

バランス型定常グラジエントエコー法(TrueFISP相当)

MPRAGE

シングルスピンエコー,マルチプルスピンエコー

マルチスライス高速スピンエコー,マルチスライスFLAIR法

EPI,Radial,Projection,spiral scan

開発実績のあるパルスシーケンス:

MR Fingerprinting

QRAPMASTER

渦電流磁場を伴うグラジエントによるパルスシーケンス

受託によるパルスシーケンスの提供:

上記のリストにないパルスシーケンスで,実機などで,おおよそのシーケンス

パラメタが判明しているパルスシーケンスや,論文などで,おおよその

シーケンスが公表されているシーケンスに関しては,受託により,シミュレーション

用のパルスシーケンスを開発・提供いたします.

受託料は,シーケンスの難易度,開発期間によって変わりますが,良心的な

価格設定ですので,ご遠慮なく,ご相談下さい(受託決定までの費用は無料).

また,高速ハードウェア(最新GPU4台)による大規模シミュレーションも

承っております.